養老保険からお金を借りる方法

急にお金が必要になったとき、ローンを組むことも可能ですが、金利をかんがえると、あまり借りたくないという人もいると思います。そんな時利用できるのが、生命保険の契約者貸付制度です。契約者貸付制度とは、積み立てタイプの終身保険や養老保険、学資保険などです。もとは、自分が払った保険ですが、支払った時点で保険会社のお金となっているので、引き出すときは、契約者貸付という呼び方になります。保険会社からお金を借りるということになります。保険会社んからお金を借りるとなると、貸付金に利率がかけられます。2%の利率がてきようされる貸付制度で100万円貸し付けると、それを、1年間返さないと翌年には、102万円になります。養老保険は、途中解約した場合の解約返戻金の範囲でお金を借りることができます。手続きは、簡単で所定の用紙に記名、捺印して、提出するだけで、銀行口座に振り込まれます。お金を借りるということは返さなければいけません。養老保険など、一度に全額返済しても、分割しても構いません。養老保険の返済方法は、自由です。契約者貸付には、デメリットがあります。借り入れ返済に金利がかかる。加入後早い段階で、解約金があまり積み上がってこない、思い通りの借り入れが出来ない場合があります。養老保険の福利厚生プランというのがあります。退職金の積み立てとしても活用することができます。保険の満期は定年にあわせて設定するため、年齢が若いほど保険期間が長くなります。
お金を借りる|おすすめはカードローンはこちら